BBQの予備知識

BBQのマナー

BBQの予備知識

家族、友人揃ってのバーベキューってテンションがあがりますよね~
でもちょっと待ってください。
どんなレジャーにもルールやマナーがありますよね。
ここではバーベキューをやる上での最低限のマナーについてお伝えしようと思います。

おうちでバーベキュー編

ステイホームが推奨される昨今、ご自宅のお庭やガレージでバーベキューを楽しむ方が増えています。自宅の敷地でやるのですからもちろん許可は要りません。

でも、ちょっと待ってください。

バーべキューはとてもたくさんの煙が出ます。そして火も使っています。お隣さんのお宅に煙は流れていきませんか?火の管理は万全ですか?
全ての人が住宅街でのバーベキューに対して寛容ではありません。

煙の流れを制御することはできませんが、バーベキューをやる前にお隣さんに一声かけておくことがマナーではないかと思います。
できれば前日までにおおよその開始時間と終了時間も伝えておくと、お隣さんも心の準備ができていいですよね。
また、アルコールが入って楽しい気持ちになるのは分かりますが、大声で叫んだり、夜になってもやっていたりというのやっぱり控えるべきですね。

公園や河川敷、キャンプ場編

バーベキューと聞いて連想するのは、芝生がきれいな公園や河川敷の景色ではないでしょうか。
こういった公共の場所はバーベキューが禁止されているのが普通です。また、手取川の河原など、水難事故の危険性もありおすすめできません。
このような場所で、もし周りでバーベキューをやっている人を見かけたとしても、そこが本当にバーベキューOKな場所かを必ず確認しましょう。
やはりおすすめは炭火のバーベキューが許可されている施設です。マナーを守って安心してバーベキューを楽しみましょう。

石川県のバーベキューOKな公園一覧はこちら

後片付け編

アウトドアブームの盛り上がりとともに話題にあがるのが、「バーベキューのごみ問題」です。マナーを守らない一部の人の行ないによって、バーベキューのイメージが悪くなっていることは少なからずあると言えるでしょう。
これから先もみんながバーベキューを楽しめる世の中であるためには、一人ひとりの心がけが大切ですね。
自分が出したごみはゴミ袋に入れて自宅へ持ち帰りましょう。また、施設によってはごみの集積場がある場合がありますが、この場合は分別ルールをしっかりと守って利用しましょう。